FC2ブログ

ブログ三椒俳句館

満田三椒の俳句日記 日々の好きな句などを思い付くままに。

Entries

富安風生

むずかしき辞表の辞の字冬夕焼
秋晴の運動会をしてゐるよ
炬燵出て告別式に行く時刻
羽子板や母が贔負の歌右衛門
蝶低し葵の花の低ければ
よろこべばしきりに落つる木の実かな
退屈なガソリンガール柳の芽
何もかも知つてをるなり竈猫
泡一つ抱いてはなさぬ水中花
まさをなる空よりしだれざくらかな
白桃をよよとすすれば山青き
小鳥来て午後の紅茶のほしきころ
法師蝉煮炊といふも二人きり
緑陰を襖のうしろにも感ず
かげろふと字にかくやうにかげろへる
きちきちといはねばとべぬあはれなり
よろづ足り死もかつ足りて八重桜
狐火を信じ男を信ぜざる
いやなこといやで通して老の春
殺さるるための出を待つ団扇かな
満月を生みし湖山の息づかひ
生くることやうやく楽し老の春
家康公逃げ廻りたる冬田打つ
白といふ厚さをもつて朴開く
星の夜の命静かに老夫婦
身にしみて人には告げぬ恩一つ
春の夢うらはづかしく覚めにけり
宮城まり子のマリと子猫を命名す
ニャンニャンを抱いて春眠老いけらし
遠い遠い愛しい記憶貝割菜
                     俳壇6月号
IMG_6710_convert_20110527113051.jpg
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

満田三椒

Author:満田三椒
和歌山在住の満田三椒のブログ
現代俳句協会会員 「秋」同人
ホームページ:http://www.ne.jp/asahi/sansho/haiku/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR